ハッピは、歴史がある伝統衣装です

ハッピは、昔から祭などで着用される歴史ある日本の伝統衣装です。現在では、祭以外でも、消防団の制服や百貨店やスーパーのセール、プロ野球の応援など様々場面で着用され、活躍しています。ハッピを着て、祭に行くことにより、祭の雰囲気も上がり、楽しさが一層増します。着物などの高級品とは違い、今は百円ショップなどでも安く購入できる気軽さから、日本人に一番馴染み深い伝統衣装になっています。外国からの観光客も、祭を目的に訪れる方も多く、そこでハッピを見て、楽しくなり、お土産として持ち帰る方も多くいらっしゃいます。時代の変化とともに、様々な着用方法が生まれている、この日本の伝統衣装を、我々日本人は大切にして、次の世代へ繋げていかなければなりません。この日本の伝統衣装は、日本の文化の一つの象徴であり、日本人の心となっています。

ハッピをみんなで注文しよう

学園祭やイベント、祭りなど、様々な場面で、色とりどりの表現を楽しめるハッピは、やはりオーダーメードがいいです。業者さんと、デザイン画からやり取りをして、文字をこの辺に、図柄をこの辺にと、細かいところまで打ち合わせができます。それを形にまとめ上げると、頼んだ人たちは、大変感謝し、感激をします。祭りの中で、色合いやデザインがとても目立っていたり、他の団体と被っていなかったりということで、観客から好評を博する場合は、来ている当人たちは、本当に感激でいっぱいです。頼んだ業者に写真入りで、その祭りでの盛り上がりぶりを伝えています。記念になるイベントで、仲間と同じ衣装を着て、心をひとつにしてパフォーマンスをします。すると、とても素敵なひと時を過ごせることでしょう。しかも、安価にたくさん制作できたなら言うことなしです。

実家では、ハッピを着てお祭りへ

わたしには二人の息子がいるのですが、毎年夏休みには彼らを連れて北海道の実家に長期帰省します。北海道は夏場でも朝や夜は涼しくてすごく過ごしやすく、子どもたちも毎年楽しみにしています。主人は仕事の都合があるので、お盆に合流します。その時期北海道ではお祭りが各地で行われているので、家族みんなで出かけることが恒例です。わたしと主人は浴衣を着て、子供達にはハッピを着せます。小さな子供のハッピ姿というのは、すごく可愛らしいです。本人たちも一年の間でお祭りの時だけ着られる特別な衣装という感覚があるようで、いつも着るとテンションがアップしています。わたしの父と母もか可愛い孫の姿に目を細めています。毎年写真をたくさん撮ってくれます。遠距離でふだんなかなか帰省できない分、この時期は親孝行をたくさんするようにしています。

弊社で在庫をしてますので すばやい発送が可能です。 横浜市の小学校御用達!ソーラン節用はっぴ作ります。 自治会様・企業様 等色々な団体様にはっぴが大人気です! イベント用のはっぴからお祭り用のはっぴまで 種類豊富にございます。 1年以内のリピート製作は割安で製作致します。不定期で在庫処分セールを行います。広告代理店様やデザイン会社様等お客様のクライアント様の販売用に多数ご利用頂いております。 大人のハッピもこだわり柄を用意!